金運

風水を学ぶ「形成風水」と「理気風水」で気・方位・色を知り開運UP

スポンサーリンク

二つの風水を知り運気を上げる!

風水は、中国で生まれた「気」を利用する環境学です。
本来、生まれ持った運を変えることはできませんが、環境を変えることで良い気の流れを呼び込み運気を変えるものです。

その風水には、大きく分けるとその成り立ちにより「形成風水」「理気風水」の二つに分類されています。

一つは居住空間の気の流れ見る「形成風水」二つ目は陰陽五行と方位の吉凶関係に相性のよい色を合わせて開運に導く「理気風水」です。

二つの風水の特徴や効果をご紹介致しますので、毎日の暮らしに取り入れ運を落とす原因を探し、良い気の流れを作って運気を上げましょう。

「形成風水」で見る角の気の流れの滞りに盛塩の効果は絶大!

「形成風水」(巒頭(らんとう)とも言われ、大地における気の勢いや流れを重要視し目に見えるものから判断する方法で、龍脈から流れて来た良い気が溜まっている場所に、都市や町・住居を建てるのがベストだとされます。

風水では、良い気の流れの場所に居住空間を持つことが運気をもたらすとされます。
また、建物などの居住空間を生者と死者の二つに分けます。

●住居など生者の居住空間の陽 宅 (ようたく)・・・富を築きます。
●優秀な者が輩出され墓など死者の居住空間である陰 宅 (いんたく)・・・子孫繁栄をもたらす。

鬼角(きかく)

風水では、家の中の角鬼角(きかく)と言い、気の流れが滞るため悪いとされます。
特に悪いのは、自分がよくいる場所(寝室や長時間座っている)に向かって角があるところです。

風水・部屋の角(鬼角)
何となく圧迫感を感じ、鬼角から発する邪気で人の気の流れが滞り体調の悪化をを招きます。

ぐっすり眠れないとか気持ちが集中出来ないなどがある場合は、その場所から自分に向かった角がないか確かめて見てください。

もし有るようなら、角を無くし少しでも気の流れが良くなるようにように、観葉植物やゴミ箱などを置くと良いです。

盛塩は八角形が安定感がありあらゆる運を引き寄せます

鬼角に置くものが無い場合や角が沢山ある場合は、「盛塩」が効果的です。

塩には強力な浄化の力があるので、邪気に対する厄除けになり昔から利用されています。
また、盛塩は幸福を呼び込む力が有るので開運としても最適な方法です。

風水においては、八角形安定感がありあらゆる運を引き寄せるとされており、盛塩にもこの形が最適なのですが手で作るのはなかなか難しいものです。

そんな時に役立つのが、「八角盛り塩器」です。
これだと簡単に、八角形の盛塩ができる優れものです。

【盛塩セット】八角盛り塩セット 小/素焼き八角皿5枚付き -

八角形の盛塩は「八方位全てから良い運気を取り込み浄化」しますので、角部屋に置いておけば常に開運を呼び込むお守りとなります。

また、風水では八角盛塩以外にも、レインボー八角クリスタルサンキャッチャーを作り部屋を浄化させます。
サンキャッチャーは、太陽光をお部屋に入れ八角クリスタルがそれを光エネルギーに変え、部屋の中を虹色に輝かせ邪気を祓います。

レインボー 八角 クリスタル ガラス ビーズ 14mm 20mm サンキャッチャー 材料 パーツ シャンデリア インテリア (14mm100個セット)
このように形成風水を知ることは、悪い気を減らし沢山の良い気を取り込んで幸福をもたらしてくれます。

「理気風水」方位の示す部屋のインテリアを変え開運へ

「理気風水」は、陰陽五行と方位の吉凶関係を見る方法で磁石で家の東西南北を計測し分析して、住居や間取りの配置・墓の 方位 などを決めるという方法です。

分析の方法には、玄空飛星や三合法など色々な流派があり見方が変わります。

陰陽五行の5つのエレメントと方位の8エレメント

自然界に存在する全てのものは5つのエレメントから成り立ち「木・火・土・金・水」の五行に分類され、「陰」「陽」いずれかの性質を持っています。

これらを、方位のエレメントの8方向に当てはめます。
方位の8エレメントとは、「 南 、南西、西、北西、北、北東、東、南東」の八方位 です。

方位五行表す運表す運表す運表す運表す運
 恋愛運セックス運信頼秘密も守る力金運
北東転居貯蓄運不動産運相続転職
勉強運仕事運情報若さ発展運
東南結婚運旅行運緑全般香り恋愛運 
人気運 芸術知性・直感力 別離ビューティー運
南西家庭運 不動産運努力安定健康運 
西商売運恋愛運楽しみごと 金運
北西事業運玉の輿運グレードアップ人からの援助出世運 
中央総合発展

あなたが運を良くしたいと思う方位の部屋を、その方位が表すエレメントのインテリア にすることで、エレメントのパワー が大きくなり幸運が近ずいてくれます。

五行エレメントのインテリア

  • 木( 花・観葉植物・木製のもの・緑色や茶色のもの)
  • 火(キャンドルライト・照明・その他赤いもの)
  • 土(陶器・クリスタル・黄色やベージュ色のもの)
  • 金(金属製のものやメタリックカラーのもの・白いもの)
  • 水(水・ガラス製品・青や 黒いもの)

<上記の図などを総合して例を挙げて見る>

例:部屋の方位北 北は水

水のインテリアのガラス製品を飾る
開運:恋愛運・金運・信頼運など

方位に相性の良いカラー(色)を合わせれば開運効果が高まる!

風水には、方位の持つ運気に相性のいい色があり、ミックスすることで開運の効果を高めます。

陰陽五行の木、 火 、土、金、 水 の五つのエレメントには、それぞれに対応する色が存在します。

木は、東( 健康 運 )と南東(金 運 )で緑色やエメラルドグリーン
アイテム:ドライフラワー・観葉植物・森や草木の写真や絵など

火は、 南(名声 運 )で紫・赤色・オレンジ
アイテム:電気スタンド・キャンドル(赤色・ピンク)・太陽の写真など


土は、南西(恋愛、結婚 運 )と北東(学業 運 )で黄色・茶色・ウグイス色

アイテム:大地の写真・磁器・陶製品など

金は、西(子孫 運 )と北西(協力者 運 )でメタリックカラーや白色・金
アイテム:金・銀のアクセサリー、鈴、宝石など

水は、北( 職業 運 )で黒・青色や空色
アイテム:写真(海・水・川など)・水槽・ガラス製品など

相性(そうしょう)と相剋(そうこく)

上の図は、五行の「相性(そうしょう)」「相剋(そうこく)」を表す相関図です。
簡単に言えば、相性は相性が良い、相剋は相性が悪いということです。

この五行相関性は、恋愛での相性や東洋医学でも使われています。

として
水は木を育てる(相性が良い)が、火は消してしまう(相性が悪い)!

木は燃え尽き灰=土になる(相性が良い)が、火は熱で金属を溶かす(相性が悪い)!

まとめ

色そのものだけでも、カラーセラピーがあるように心理作用があり、自分のラッキーカラーを身に着けることで気持ちが落ち着き気運も高まるようです。

このように風水は、五行と色の相乗効果で開運アップを図れます。

金運・健康・恋愛・仕事などで悩んでいるなら、一度風水を試してみて、あなたに合ったアイテムを置いてみるのも良いのではないでしょうか。

<風水を知るのにこの本が役に立ちます!>