開運に導くおすすめパワースポット最新情報

生まれてから、行動することでおこりえる後天運をより良いものにするため開運(金運・愛情運・仕事運・健康運・人気運) に関する情報をお届けします。

*

「大山寺・鳥取」霊峰大山の気が満ちる開山1300年の開運スポット

   

大山寺(だいせんじ)は、大山(だいせん:標高1729m)の鳥取県西伯郡大山町にあるお寺で、古くから山岳信仰の修験道場として知られており、正式名称は天台宗別格本山 角磐山 大山寺(かくばんざん だいせんじ)です。

家内安全・厄払い・水子供養・所願成就御などのご利益と共に先祖の霊は大山に集まると信じられてきたため、御先祖様に会える寺として中国地方一帯から多くの人々が訪れています。

また、大山寺のある大山は、2018年、開山1300年となる中国地方最高峰の山で、別名:「伯耆富士」と言われ西側の伯耆町からみる姿はまさに富士山そのものです。


また、南北東西から見る大山は、形が大きく異なるのも特徴の一つです。

昭和11年に、日本で3番目の国立公園に指定され、後に蒜山・隠岐の島・島根半島・三瓶山が加わり「大山隠岐国立公園」となり、NHKの日本名峰ランキングでは、富士山・槍ヶ岳に継ぐ第3位に選ばれています。

ブナ森や大地や水など広大な自然に囲まれた大山は、古来から神の山、神仏の住む霊山として祀られており今もなお篤い信仰が続いています。

その大山信仰の中心がで大山寺あり大神山神社奥宮で、大山から流れ出る巨大な気が集まり、静けさの中に浄化された空気が漂い心身共に清うパワースポットです。

スポンサーリンク

 

大山寺橋!白い河原・森の緑・空の青の対比が美しい絶景スポット

▲大山寺橋からの風景

南光河原駐車場の横にある大山寺橋(下ワタリ)は、大山北壁を遠くに望み佐陀川の白い河原と森の緑・空の青が絶妙なコントラストを描く絶景スポットです。

 

実際に見る風景は、写真で見るより遥かに雄大で美しく自然を満喫できます。

大山寺や大神山神社奥宮の参拝や大山登山。ハイキングなどで訪れた人の心を鷲掴(わしずか)みにすること間違いなしです。

 

「サンセットカフェ」オープンテラスから見る夕景の美しさは特別!

▲大山寺参道・御幸参道本通り入口

 

▲KOMORENITO

ここは大山寺参道の入口にあるこ「KOMOREBITO(こもれびと)」で、一階は大山町観光案内所となっており大山寺への出発地点となっています。

2階には、2017年にオープンのオープンテラスのある「サンセットカフェ」があり、食事やお茶を飲みながら大山の景色が一望できます。

何より、西向きのオープンテラスなので、日の落ちる夕方の夕景は特別で「サンセットカフェ」名もここから用いたようです。

 

大山寺参道脇には見所や体験場所が満載!

▲御幸参道本通り

ここから御幸参道本通りとなり、大山寺まで石畳と石段の少々急な坂を5~600m程登ります。

大山そばが人気の「そば処・土佐屋」

途中には、数多くの旅館や食事処・カフェなどが立ち並んでいます。

上の写真の「そば処・土佐屋」さんは、参道のすぐ入口を入った左手にあり、大山産の蕎麦粉を使った「大山そば(600円)」が人気のメニューで、寒い時には身体を温かくしてくれる格別の一杯です。

【そば処・土佐屋】
●営業時間:10:00〜18:00(年中無休)
●住所:鳥取県西伯郡大山町大山43
●電話:0859-52-2126

 

手軽に温泉が味わえる「豪円湯院」

「そば処・土佐屋」さんから、参道を少し上がると左手に見えてくるのが大山初の日帰り温泉施設の「豪円湯院」です。

入浴料は、大人380円(中学生以上)・小人(小学生)300円・幼児は無料とお値段は安く、バスタオルなどもレンタルになっていますので、何も持っていなくても入浴できます。

また、食事処やお土産屋さんも併設されていて、ひと休憩にはもってこいの場所です。

ここ「豪円湯院」の建物の横に「餓讖地蔵(がしんじぞう)」が建っています。

天保8年前後に、大飢餓で多くの人々が亡くなったため、将来二度とこのような災難が起きないように、祈りと弔いを込めて天保12年に建立されたものです。

【豪円湯院】<年中無休>
●営業時間:月~木11:00~20:00(最終受付19:30)
               金~日・祝日11:00~21:00(最終受付20:30)
●住所:鳥取県大仙町大山25番地
●電話:0859-48-6801

 

利用料無料の疲れた足が癒せる「大山火の神岳温泉足湯」

「豪円湯院」の向かい側には、平成23年9月28日に開設された天然温泉の足湯「大山火の神岳温泉足湯」があります。

利用料は無料で、歩き疲れた足を癒せる人気のスポットとなっています。

利用期間 4月~11月(冬季閉鎖
利用時間 9時~18時
利用料 無料

 

どんな願いでも叶えてくれる「弘化の大地蔵」

▲弘化の大地蔵

大山は地蔵信仰の地でもあるため、大山寺参道にはいたるところにお地蔵様を目にします。
こちらのお地蔵様は、「弘化の大地蔵」と呼ばれていて高さ2.4mの南無地蔵大菩薩が彫られ、大山寺内に存在する三体の「立像石仏地蔵」の1つで、どんな願いでも叶えてくれるそうです。

大山には、この他にも多くのお地蔵様があり、お地蔵様を巡る7.2kmの「大山寺三十三カ所地蔵めぐり」コースも設定されています。

三十三のお地蔵様を巡ってお願いすれば、色んなご利益がいただけそうです。

足腰に自身がない方は参拝者駐車場が便利!

▲大山寺近くの参道にある参拝者駐車場

10台から15台程の駐車スペースですが、大山寺や大神山神社奥宮の参拝のみであれば一番近い駐車場で山門・鳥居までは100~150m程、トイレも完備され、何より足腰の弱い方には便利です(無料)。

大山の魅力を込めた詩が刻まれている「織田収詩碑」

▲織田収詩碑

織田収氏は、日本の政治家・実業家で山陰のジャーナリストです。
明治30年(1897年)に鳥取県米子市に生まれ、昭和63年(1988年)に91歳で死去されるまで、新聞記者や鳥取県県会議員・ラジオ山陰社長などを歴任し、ジャーナリストとして政治・経済・文化・スポーツなど幅広く活動をしました。

大山をこよなく愛した、織田収氏の詩が刻まれた「織田収詩碑」がここにあります。
「山のエスプリは山頂にあつまる 神はここにくだり 人はここにのぼる」と詠われています。

訳せばこんな感じでしょうか!
「大山の魂は山の頂上に集まって、天の神様はここに降り、人々は下界からそれを目指して登って行く」

大山の山登りの魅力をこの詩で表現したのだと思います。

「牛霊碑」大山は日本三大牛馬市の一つとして栄えた場所!

▲牛霊碑

基好上人(きこうしょうにん)が、大山寺の本尊である地蔵菩薩が牛馬の守護仏であると言われ、牛馬守護の守礼を施与されたことにはじまり、例年例祭に合わせて標高800mの高所の場所であるにもかかわわらず大山牛馬が開かれるようになりました。

その後、組織的な牛馬市となってから益々盛んとなり、年に5回も博労座(ばくろうざ)で開催され取り引数は1万頭に及び、広島の「久井牛市」や福島の「白河馬市」と並び日本三大牛馬市として、中・四国はもとより京阪神や中部地方からも多くの人が集まりました。

売買された牛の供養のために建てられたのが「牛霊碑」です。

「とう然の碑」多彩な才能を見せた円流院の住職・嗒然(とうねん)

▲とう然(ねん)の碑

嗒然(とうねん)は、円流院の住職で寛政8年(1796年)に皆生村(今の米子市)の漁師の家に生まれ、幼き頃より絵心があった。
文化3年(1806年)11歳の時に大山寺西明院谷の観解院入り、翌年には仏門に入り大貫と号す。

その後、師の円流院主大賢より教えをこい、仏学に優れ詩文書画とも才能を伸ばしていきます。

その一端を示すものとして、弘化3年(1846年)51歳の時に誌した「大山雑記」があります。
「大山雑記」は、大山寺の由来や行事・伝承など14話を収めたものです。

書画など多才であった嗒然は、文久元年(1861年)に享年66歳で死去、円流院には三代(大存・大賢・大貫)の院主の位牌があり、大山寺石段参道横には「とう然の碑」があります。

 

「信濃坊源盛の碑」後醍醐天皇が京へ帰る足がかり船上山の戦いで貢献!

大山寺山門の石段下右側に、「信濃坊源盛の碑」があります。

信濃坊源盛の功績を称(たた)え宮家御下賜金(ごかしきん)によって、明治24年に建てられたもので台石の上に1.6mの碑が立っています。
碑文は、文学博士の末松謙澄の筆による。

信濃坊源盛は、名和長年の弟で大山寺の僧となり金剛院の住職で「信濃法眼」と名乗っていました。

元弘3年(1333年)源盛31歳の時に、兄の長年から隠岐の島を脱出した後醍醐天皇を船上山にお迎えしたとの急な知らせを受け、同宿十余人を連れって船上山にはせ参じ、攻防のすえ幕府方を破り裏側の西坂を守った。

合戦は、3日間続き大山衆徒700人も大急ぎで駆けつけたと言われています。
この合戦の勝利は、後々の情勢が大きく変えることとなり、鎌倉幕府の崩壊、後醍醐天皇の「帰洛(きらく:京に帰る)
の足がかりとりました。

その後、源盛は九州の肥後八代で57歳の生涯を閉じる。

 

神仏習合のなごり!両隣にあるお寺と神社の入口

「サンセットカフェ」から大山寺山門(仁王門)までは、約10分程です。

 

山門前左横は、大神山神社奥宮の入口の鳥居があり、入口が隣接しているので大山寺参拝後、すぐに向かうことができます。

赤いポストは、天狗茶屋の「お福分けポスト」。

手紙を書いてこのポストに投函すれば、大山でもらったご利益(福)を「うし君」が届けてくれるそうです。
【お福わけ】いただいたものを他の人に分けること。

 

▲山門(仁王門)正面

山門の左右には、木製の金剛力士像が門番として目を光らせています。
仁王門で、参拝志納金(大人300円、小・中200円)を納め本堂へと向かいます。

▲金剛力士像右側

▲金剛力士像左側

大山の神聖な水が溢れる手水鉢で身も心を清めます!

▲山門(仁王門)横の手水鉢

 

山門前の右側に、朱色が目立つ「手水鉢(ちょうずばち)」があります。

重量約825kgの大きな銅製のもので、大山の清い水が下からどんどん溢れていますので、本堂に向かう前に手と口を清めておきましょう。

 

山門をくぐればそこは凛とした空気の神聖な場所に変わる!

▲山門(仁王門)の裏側

山門の裏は、すぐに石階段で本堂まで続きます。
山門をくぐれば、石階段脇には高い杉の木とお地蔵様が並び、ガラリと空気感の変るのが肌で感じます。

 

観音様のお使いの一対の白狐が御本尊を守る「下山観音堂」

▲下山観音堂

石階段を登ると途中に「下山観音堂」があります。

御本尊の十一面観音菩薩は、白鳳期(645~710年頃)の金銅仏で国の重要文化財に指定されています。
現在、御本尊は霊賓閣に安置されているので、下山観音堂の御本尊はその控仏です。

お堂の前には、観音様のお使いの一対の白狐が祀られています。

御朱印とオリジナル御朱印帳

こちらの「下山観音堂」で御朱印(300円)をいただくことができます。

また、「ととのふ」と書かれた大山寺オリジナルの御朱印帳(1800円)は、白銀色のタイプと山吹色の2種類があり、「ととのう(調ふ)」は、必要な物が全て揃うという意味だそうです。

シンボルマークをみるとひらがなの「ととのふ」が調の漢字になっています。

 

船を救った霊木「灯明杉」

▲灯明杉と灯明地蔵

「灯明杉(とうみょうすぎ)」は、その昔、日本海を航行中に何らかの障害が起きた際に、この杉の頂から一大尖光を発したため、船の向きを変えて難を逃れたといわれる霊木で、この名がついたとされています。

人生の岐路で迷っている時など、迷い事がある人には、霊木を触り聞いてみれば道しるべとなってくれます。

また、その横には合掌した「灯明地蔵(とうみょうじぞう)」並んでいます。

 

密教の修法・護摩焚で息災祈願をする「護摩堂」

▲護摩堂

不動明王を本尊とする「護摩堂」は、天台密教による護摩供を行う御堂で、灯明杉のすぐ右手にあります。

護摩は、密教のみに存在し、主に天台宗・真言宗で行われる修法で護摩を焚くお堂を護摩堂といいます。

息災護摩祈願は、災害のないことを祈るもので一本300円です。
不動明王には、交通安全・厄難消滅のご利益があります。

 

境内にはいると願い事が叶う「宝牛」がお待ちかね!

▲「宝牛」写真中央

石階段を最後まで登り境内に入るとすぐ目の前にあるのが、銅製の「宝牛(たからうし)」

「宝牛」は別名「撫牛(なでうし)」とも言われ、一つの願いだけを心に念じてこの牛を撫でると願い事が叶うという縁起の良い開運の牛です。

 

無残に倒れた脇地蔵と大仙と書かれた珍しい石柱

「開運鐘」の横には、水子供養のための水かけ地蔵が座っており、その後ろには脇地蔵が宝珠を手にして立っていたのですが、鳥取中部地震の影響なのか現在は左横に置いてあります。

また、右上には大山を大仙と書かれた珍しい石柱が建っています。

 

この石柱には、「大仙大智明大権現」と彫られており、智明大権現は大山の山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神であり、地蔵菩薩を本地仏としていて、大山智明大権現、大仙智明大権現ともいわれ、平安時代には神仏混交(こんこう)が行われ、大智明大権現・地蔵信仰が盛んであった。

 

開運スポット!撞けば願いが叶う「開運鐘」

▲開運鐘

大山寺本殿横には、「開運鐘(かいうんのかね)」と呼ばれる朱色が鮮やかな鐘楼があり、開運スポットの一つとなっています。

梵鐘には天女が美しく描かれ,心を静め願いを込めて撞けば、その音は天にも届き願いが叶うとされていますので、まず、本堂参拝前に一つ突いて厳粛な音と共に開運祈願をしておきましょう。

元来、梵鐘は仏事などの呼鈴として使われるものですが、朝夕の時刻を知らせる役割もあり、夜明けに撞く鐘を「暁鐘(ぎょうしょう)」日没時に撞く鐘を「昏鐘(こんしょう)」といわれ、梵鐘の音を聞くと煩悩が消え悟りに導かれるとされています。

 

大山寺の創建と華やかなる時代と衰退

 

▲大山寺本堂

ご利益と礼所

「大山寺本堂」は、本尊を地蔵菩薩とする大山寺信仰の中心をなすお堂です。

【ご利益】
厄払い・家内安全・牛馬繁栄・所願成就・除災招福・国家安穏
御先祖・水子供養

礼所
中国観音霊場二十九番礼所
伯耆観音霊場十四・十五番礼所
出雲國神仏霊場十番礼所

 

大山寺の創建と歴史

大山寺の創建は、養老2年(718年)に金運上人が地蔵菩薩を祀り、修験道場として開基建立したのが始まりです。その後、貞観7年(865年)に天台宗の第四代座主の慈覚大師が、唐より帰国して引声阿弥陀教を伝え天台宗となる。

平安時代以降、寺院も兵力を持たなければ保護できないようになり、大山寺も最盛期には僧坊106・衆徒(しゅと)は3000人を越え一大勢力擁していました。

平安時代には、神仏混交(こんこう)が行われており、大山寺も大智明大権現や地蔵信仰が盛んで、現在の大神神社奥宮が大山寺の本殿でした。

江戸時代には、大山寺中興の祖、豪円層正が幕府より寺領三千石の安堵の朱印状を得て、鳥取藩の治外法権となり益々隆盛を極めます。

▲大山寺本殿内

しかし、明治維新後、神仏分離・廃仏毀釈の風潮が高まるにつれ衰退をたどり、明治8年に大山寺号は廃絶となります。
そして、大智明大権現の社殿は大山寺から分離され大神山神社奥宮となり、大山寺は大日堂を本堂とします。

 

▲大山寺本堂右側

大山寺号は、明治32年に復活しましたが、本堂は昭和3年に焼失。
現在の本堂は、昭和26年に再建されたものです。

現在、参拝堂は4ヵ所で10の支院が残っています。

 

撫でるれば病が治る賓頭盧尊!

▲賓頭盧尊(びんずるそん)

本堂右側に、「賓頭盧尊(びんずるそん)」が座っています。

通称、おびんずる様と呼ばれ、お釈迦様の弟子の一人で、日本ではこの像を撫でると病気が治る徳があるとされているため、ここ大山寺のおびんずる様も部位によってかなり赤色が剝げているところがあります。

上から見た下山観音堂

▲大山寺本堂側から見た下山観音堂

緑に囲まれ、浄化された空気と穏かな光が心地よさを感じさせます。

 

大山寺の立派な山門はまだ新しく完成後5年!

▲山門(仁王門)裏

大山寺の山門は、平成12年に落慶法要されたまだ新しい総檜造りの2階建てです。
堂々とした立派な山門は、大山寺にふさわしい入口で参拝される人に印象ずけます。

 

「阿弥陀堂」大山寺最古のお堂と金色に光る阿弥陀三尊

「阿弥陀堂」は、大山寺より上ワタリを渡って約徒歩20分の所にあり、現在あるお堂の中で最古のものです。

平安時代の藤原期に建てられ、享禄2年(1529年)に山津波で倒壊、天文21年(1552年)に再建されたと言われています。

単層四柱五間四方の美しい建物は、明治37年2月18日に国の重要文化財に指定されました。

本尊は、阿弥陀如来で両脇には脇侍の観音と勢至の二菩薩が安置されています。
阿弥陀如来像は高さ約3m、光背・台座は当時のもので、台座は法衣が垂れる「もかけ座」の珍しいものです。
観音と勢至の二菩薩は、高さ2.9mの立像で三体共に金色。

 

http://toyamaryokan.jp/sanpai.html#contact

明治36年に、この三尊は重要文化財に指定され、山陽・山陰地方で最も優秀な阿弥陀三尊と言われます。

阿弥陀如来は、「南無阿弥陀仏」を唱えれば、現世での死後、極楽浄土に連れて行って下さる仏様です。毎月18日が、拝観日となっています。

 

「利寿権現跡」利寿権現は文殊菩薩様の仮の姿!

▲利寿権現跡

大山寺が隆盛を極めた約500年の昔に、この地に利寿権現(りじゅこんげん)を祀ったお堂があった場所です。

利寿権現は、大山三所権現の一つで、三所権現は地蔵菩薩の垂迹(すいじゃく:仮のすがた)である智明権現観音菩薩の垂迹である霊像権現文殊菩薩(もんじゅぼさつ)の垂迹である利寿権現です。

文殊菩薩は、智慧(ちえ)を象徴する仏さまなので、学業成就など学力向上や合格祈願などのご利益があります。

 

「利生水」年中水が無くならない仏様の水!

 

大山寺本堂から、上ワタリを渡り釈迦堂跡を通り阿弥陀堂に向かう中間あたりにある「利生水(りしょうすい)」

石組の中に水が溢れ、年中水が無くなることがないと言われています。

横の説明板には、「昔行基菩薩が当山に錫止(しゃくし)の時、文殊の法を修しようとされたが、高燥の地なるがために閼伽水(あかすい)がないので水輪の法を修せられた処、忽ち浄水が湧(わ)き出たと伝えられている。

後生この水を文殊利生に擬えて「利生水」と称えた。

里人はこの水を汲んで女の毛髪の醜いのに付ければ美麗になると称して今でも参拝する人も多い。」と書かれています。

 

文殊とは、知恵をつかさどる菩薩で、利生は仏が多くの人々に利益を与えることで、「仏さまの水で多くの人々に利益を与える水」が利生水です。

行基菩薩は、大山寺の開基であるとの説もあり、利生水は閼伽水(仏用水として使用する浄水)であったとではないかと思われます。

組石の中は、落ち葉が溢れていましたが利生水でしっかり満ちていました。
飲むのは少し無理なので、手を入れて知恵のご利益を授かります。

 

利生水の東よりに、「利生地蔵」が祀られています。

明治の神仏分離・廃仏棄釈により首が落とされていましたが、昭和63年に首が発見され元に戻し、大山寺の住職が祀りました。

首を接着した痕跡あるのでよくわかります。

 

1300年の歴史ある大山寺の文化財

重要文化財 阿弥陀堂
  木造阿弥陀如来及び両脇侍像
  銅造十一面観音立像 
  銅造観音菩薩立像 
  銅造観音菩薩立像
  鉄製厨子
登録有形文化財 本堂
  鐘楼
国の史跡 大山寺旧境内

 

「和傘灯り」色鮮やかな風景は幻想的で美しい!

https://www.sanin-tourism.com/todo/186.html

2018年は大山開山1300年にあたり、そのプレ・イヤーイベントの一つとして「大山夏祭り お盆の大献灯」が2017年8月11日から15日まで開催されました。

ろうそくや絵とうろうの他、2012年加わった「和傘灯り」

大山の風景をイメージした和傘は鳥取県西部の伝統工芸品で一本一本丁寧に作り上げたもの。

大山寺をバックに、色とりどりの和傘が闇に灯り、その鮮やかな風景は幻想的で美しい。

 

「大山寺」の詳細情報

【天台宗別格本山・角盤山 大山寺】
所在地 <大山寺>〒689-3318
鳥取県西伯郡大山町大山9
TEL: 0859-52-2158
FAX: 0859-52-2728
公式ホームページ⇒http://daisenji.jp/
参拝時間

【大山寺】
4月1日~11月30日:9:00~16:00
その他の期間も参拝できます。

参拝志納金:(大人300円・小中学生200円)
宝物館「霊宝閣(れいほうかく)」料金は参拝料志納金に含まれています。
12月1日~3月31日まで閉鎖

アクセス

電車JR米子駅~路線バス約50分「大山寺」下車~ 徒歩約20分

マイカー米子自動車道「米子IC」~ 車で約15分~博労座駐車場~徒歩約15分
     (参拝駐車場からはすぐ山門)

駐車場どの駐車場も冬季以外は無料
大山博労座駐車場(600台)
<4/1~12/23 無料><12/24~3/31 乗用車1台/500円(土日祝は1000円)>
<立体駐車場は1台1500円(4月1日から12月22日まで閉鎖))>
南光河原駐車場(58台)登山道に一番近い
<4/1~12/23・無料
><12/24~3/31 乗用車1台/500円(土日祝は1000円)>
下山駐車場(70台・無料)登山道に近い
<12/1~3/31閉鎖>
参拝者駐車場(約15台・トイレあり無料)いつも満車
<冬季閉鎖>
大山槙原駐車場(1530台・無料)
シャトルバス運行<槙原駐車場発⇔県立大山駐車場>
大人200円(高校生以上)・子供100円(小学生から中学生)・幼児無料

お宿情報 >>大山寺の周辺宿はこちら【楽天旅ノート】
周辺観光地 大神山神社奥宮・大神山神社・鳥取県立むきばんだ史跡公園・水木しげるロードor記念館
植田正治写真美術館・米子城跡
・蒜山高原・鳥取花回廊・境港さかなセンター・金持神社

【大山寺周辺マップ】

 - パワースポット, 仏像, 仕事運, 健康運, 受験合格, 家内安全, 寺院, 神社・大社・神宮 , , , ,

      

  関連記事

「三島大社」は商売繁盛だけじゃない!受験合格・勝負運上昇の強力なパワースポット

「三島大社」首都圏からの立地もよく、東海道線「三島駅」から約7分、東名高速道路「 …

あらゆる縁結び万能の地!「出雲大社」初心者のための参拝方法

全国から多くの参拝者が訪れる「出雲大社」は、島根県のやや西よりの出雲市にあり、大 …

宮島パワースポット!弥山七不思議とロープウェイで頂上散策

「宮島(安芸の宮島)」に来たら、厳島神社以外にもパワースポットが沢山あります、中 …

世界最大の釈迦涅槃像!福岡・南蔵院は金運が叶う最強パワースポット

  日本には、ブロンズ製で世界一の高さを誇る牛久大仏がありますが、同じ …

宝くじの当たる最強神社・仏閣まとめ!金運上昇のパワースポット

宝くじには、ジャンボ宝くじ・ロト・ナンバーズ・スクラッチなどさまざまな種類があり …

ももクロ『三峯神社』で運気最高!関東最大級のパワースポット

関東最大のパワースポットだともいわれる、埼玉県秩父市三峰に鎮座する「三峯神社(み …

【合格祈願】お礼参りの高いパワー神社!全国ベスト10

自分が望めば神様はきっと願いを叶えてくれる! 年末や年が明け、受験本番となると受 …

鳥取 神崎神社のパワースポット 巨大な龍が持つ「幸せの玉」

幸せを呼ぶ龍の彫刻があると言われる、鳥取県琴浦町赤崎にある神崎神社に行ってみまし …

【健康運祈願!長楽寺】医薬の仏「薬師如来像」を中心に15体揃った珍しいお寺

長楽寺は曹洞宗のお寺で、武将の長谷部信連公により再建されたと伝えられています。 …

「下鴨神社」癒しの森を通って縁結び!7つのパワースポットでご利益

「下鴨神社(正式名:賀茂御祖神社【かもみおやじんじゃ】)」は、京都で最も清らかで …