パワースポット

伊勢神宮は繁栄を表すパワースポット!全ての転機を成功に導く

kaiun.com28ise

一般的に「伊勢神宮」と呼ばれますが、正式名称は「神宮」です。
天照大御神が祀られる内宮と外宮を中心に、43の摂社と末社・所官社を含めた125の神社の総称です。

何故、伊勢神宮だけが「神宮」と呼ばれるのでしょうか?
それは、全国数ある神社の中でも中心をなす存在で、八百万の神々の最高神にあたる太陽神の「天照大御神」が祀られているからです。

2013年は、20年に一度にあたる「第62回式年遷宮」で、10月2日には御神体を新宮にお遷しする「遷御の儀」が執り行われ、125社の社殿を造り替え、全ての装束や神宝も新調されました。

今回は、この大きく広大な伊勢神宮のご利益や参拝方法・御祭神などを詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク



神宮は参拝する順序が非常に重要!

神宮(伊勢神宮)では、参拝する順序が古くから決められていて、最初に外宮を参拝し次に内宮を参拝する順序となります。
一般的に、内宮だけの参拝が多いのですが、これは「片まいり」と呼ばれやってはいけません。
また、それぞれ行われる行事についても外宮から内宮へと順に執り行われます。

外宮は、JR参宮線/近鉄山田線の伊勢市駅から歩いて5~10分で到着します。

参拝方法は、出雲大社は特別に二拝四拍手一拝ですが、伊勢神宮は普通の神社と同じように二拝二拍手一拝で行います。

伊勢参り中心で来られた方ならば、3~4時間程有れば外宮と内宮をじっくり参拝することができます。

余裕があるようなら、別宮へのお参りもおすすめします。

【正宮と別宮の主な宮社と祭神】

宮社祭神管理者
正宮内宮皇大神宮天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)三重県伊勢市宇治館町
外宮豊受大神宮豊受大御神(とようけのおおみかみ)三重県伊勢市豊川町
別宮内宮荒祭宮天照坐皇大御神荒御魂
(あまてらしますすめおおみかみのあらみたま)
内宮境内
内宮月讀宮月讀尊(つきよみのみこと)三重県伊勢市中村町
内宮月讀荒御魂宮月讀尊荒御魂(つきよみのみことのあらみたま)月讀宮境内
内宮伊佐奈岐宮伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)月讀宮境内
内宮伊佐奈弥宮伊弉冉尊(いざなみのみこと)月讀宮境内
内宮瀧原宮天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)三重県度会郡大紀町滝原
内宮瀧原竝宮天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)瀧原宮境内
内宮伊雑宮天照大御神御魂(あまてらすおおみかみのみたま)三重県志摩市磯部町上之郷
内宮風日祈宮級長津彦命(しなつひこのみこと)
級長戸辺命(しなとべのみこと)
内宮境内
内宮倭姫宮倭姫命(やまとひめのみこと)三重県伊勢市楠部町
外宮多賀宮豊受大御神荒魂(とようけのおおみかみのあらみたま)外宮境内
外宮土宮大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)外宮境内
外宮月夜見宮月夜見尊(つきよみのみこと)三重県伊勢市宮後
外宮風宮級長津彦命(しなつひこのみこと)
級長戸辺命(しなとべのみこと)
外宮境内


伊勢神宮の参拝には、このようなお願いに御利益を発揮します。

☆家内安全☆夫婦円満☆産業発展☆仕事☆転職☆新しく何かを始める時

参拝先と所要時間

kaiun.com25ise

①JR参宮線/近鉄山田線の伊勢市駅を降りて外宮まで(約10分)

②外宮の主祭神である豊受大御神(とようけのおおみかみ)をお祀りする、豊受大神宮を参拝。(約40分)

kaiun.com31ise出典:http://www.ise-kanko.jp/index.php

第一鳥居をくぐると外宮の森が広がり、衣食住の守り神である聖域を歩けば、生命の有難みを実感してしまう。

正宮に向かう参道の途中に、御祈祷・御神札(おふだ)・御守印などを授かる外宮神楽殿などがあります。

外宮でのみ、毎日朝夕の2度執り行われる「日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)」に向かう、清らかな正装に身を包んだ神職を見ることもできます。

kaiun.com23ise

 出典:http://www.isejingu.or.jp/

③バスに乗車、内宮へ(約20分)

④太陽を神格化した、天照大御神(あまてらすおおみかみ) をお祀りしている内宮へと進みお参りします。(約1時間)

 

kaiun.com32ise出典:http://www.ise-kanko.jp/index.php

宇治橋を渡れば、内宮の神域へと近ずいていきます。

kaiun.com21ise

内宮神楽殿、宇治橋から正宮に至る参道の中間地点、左側にあります。
御神札・御守・御神号軸をはじめ、御祈祷などを授かります。

kaiun.com30ise

<伊勢神宮 内宮を動画で見てみよう!>

正宮では個人的なお願い事をお祈りするのは厳禁!

最高神が祀られる外宮や内宮である正宮では、個人的な願い事をしてはいけません!
参拝に来たことや世界の平和や国の発展など大きな願い事にしてください。
そして大きな願い事は、今生きるあなたにもいずれは返ってくる願いになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうしても個人的な願いをお願いしたい場合は、正宮をお参りした後に、外宮の荒魂を祀られた別宮の多賀宮・内宮の荒魂を祀られた別宮の荒祭宮でお願いを聞いてもらいましょう。

特に、企業や転職など何か新しく始めようとする節目の時に参拝すると大きなパワーをいただくことができます。

参道の中央は神の歩く道

 

kaiun.com36ise
参道は、神の通る道なので中央を歩いてはいけません。
外宮は左側を歩き、内宮は右側を歩きます。

伊勢参りに、お賽銭の用意は必要はありません

正殿前には、「お賽銭箱」はありません。

そもそも伊勢神宮は、昔より「私幣禁断」で天皇以外のお供え物は禁止になっています。
本来は、一般庶民が参拝できるところではないと言うことです。
その為、外宮、内宮共に「お賽銭箱」が無いのです。

寄っておきたい猿田彦神社!成功に導くパワースポット

kaiun.com11sar出典:http://ameblo.jp/sarutahiko-210/

伊勢参りに訪れたら、内宮近くにある「猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)」もぜひ行っておきたい人気のパワースポットです。

猿田彦大神と、その子孫の大田命を祭神とするこの神社は、開業・開運・方位除・家業繁栄・交通安全・病気平癒などの御利益がいただけます。

特に、天孫降臨を啓行(みちひらき)され、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を高千穂に御案内したことで、「みちひらきの大神」と呼ばれる。その後、天宇受賣命と共に伊勢の五十鈴川の地から全国の開拓をおこないました。

瓊瓊杵尊の道案内や全国の開拓をしたということから、交通安全や方位除・開業・地祭・土地開発など物事を始める際の道しるべになる神社として全国から信仰されています。

芸能人の参拝が多い!猿田彦大神の妻の「佐留女神社(さるめじんじゃ)」神社

kaiun.com9sar出典:http://seven-rainbow.at.webry.info/

境内に入ると、何となく女性の神社を創造させる赤い字ののぼりが立つ、天宇受賣命(あめのうずめのみこと)をご祭神とする猿田彦大神の妻の「佐留女神社(さるめじんじゃ)」があります。

神楽を舞うことから、芸能の神とされ多くの芸能人やミュージシャンの参拝が後を絶ちません。

手を置けば金運の御利益も!方位石の古殿地(こでんち)

kaiun.com8sar出典:http://05189253by-sayaka.at.webry.info/

境内には、古殿地(こでんち)という方角に24の文字を刻んだ方位石もあり、それぞれの文字に手を合わせると金運・仕事運・家庭運・仕事運の御利益があると言います。

kaiun.com7sar出典:http://www.sarutahikojinja.or.jp/

猿田彦神社も見所満載ですので、伊勢参りには時間をゆったりとった参拝をされると良いですね。

<猿田彦神社を動画で見てみよ!>

<最後に>

式年遷宮の翌年は、「おかげ年」と言い今回は2014年でした。
この時期の参拝は、遷宮で若返った新宮から新しい力が宿っているので、良いことを引き寄せる強力なパワーが貰えます。

八百万の神々の頂点に君臨する最高神、天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)が祀られる伊勢神宮は、日本において最高の御利益をいただける、パワースポットであるのは間違いないことです。

神宮に訪れれば、神に抱かれる気持ちの良い感覚が味わうことができ、自然に目や耳を傾け木漏れ日や鳥のささやきなど体全体で感じてみてください。

そうすれば、自分の悩みの小ささを知り、心地よささえ感じてきます。

そして、深く呼吸すれば明日に向かう活力となって、自然と幸運を呼ぶエネルギーとなるはずです。

伊勢神宮の詳細情報

【伊勢神宮(神宮)】

神宮司庁
住所 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
電話(代表) 0596-24-1111

公式ホームページ:http://www.isejingu.or.jp/

お宿情報:>>伊勢神宮の周辺宿はこちら【楽天たびノート】